真情デイ・サービスのブログです。
日々の小さなことから大きなことまで、現場のスタッフの目線でつづってまいります♪
このブログで、“真情(まごころ)デイ・サービス”の実際を感じて頂ければ幸いです。


<< ひねくれもの(南志賀) | main | 期待をさせすぎては・・・(衣川) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[掲載日]2016.04.18 Monday [カテゴリ]-

絶品パスタ(大江)
 おはようございます
昨日更新予定でしたが、大萱店の懇親会で結構お酒をいただき
家に着くころには よくわからなくなってまして・・・・

しかし今朝は二日酔いもなく、快調な山本です
そうそうわたくし、もともとイタリアンのシェフをしておりました。
京都ではまあまあ有名なお店のオーナーシェフでして。。。
だからパスタもピッツァも得意なわけで
で、今日は先日 大江農園でとれた夏野菜でパスタを作ったので
レシピを紹介します。

「なすとオクラのトマトソースパスタ」

まずは味の要となるトマトソースです。
お店では人参、セロリなど香味野菜やフレッシュハーブを使い
裏ごしして使うのですが、手間がかかるので
手軽に作れて、でも市販のトマトソースとは比べ物にならないおいしさの
「簡単トマトソース」を伝授いたします。

<材料>トマトソース3〜4人分
ニンニク1片 みじん切り
玉ねぎ 1玉 薄切り
トマト缶 1缶(ホールよりカットトマトがお手軽です)
バジル(乾燥でいいです)
岩塩 適量

まずは 
‖燭瓩離リーブオイルにニンニクを入れ、火をつけます。
 (弱火でじっくり ニンニクの香りを引き出してください)
▲縫鵐縫がやや色ついたら 玉ねぎを投入!!
 (塩少々 入れると早くしんなりします)
6未佑がいい感じに しな〜ってなったら トマト缶投入!!
ぅ丱献襪眦蠧!! 
イ箸蹐澆つくまで中火で(15〜20分)、塩で味を調整
 
コツは 
・アクは取らない(うまみのもと)
・ニンニクは焦がさない
・とにかく煮詰める
(よくある 水っぽいのは煮詰めないから。パスタに仕上げるときゆで汁で調整できるので
 濃いかな〜ぐらいでもおいしいよ♪)
・塩加減は薄目(こちらも仕上げで調整できるしね♪)
・コクを出したいなら砂糖一つまみ入れます(入れすぎちゃ クドクなるので注意!!)
・一日寝かすとなおうまい!!(カレーと一緒♪)

こんな感じ↓ 濃い感じでしょ。


これは ソテーしたチキンにかけたり、パンにのせチーズをかけ焼いたり
オムレツにも・・・万能です。
ソースにするなら玉ねぎはみじん切りの方がいいかも。

おっと、熱く語りすぎた
今回はながくなったので パスタのレシピは次回にします。
このトマトソース ぜひ お試しを

ほかにも知りたいイタリアンあればリクエストください。
どんどん UP していきます!!

大江店管理者 山本
[掲載日]2012.08.04 Saturday 06:52 [カテゴリ]大江

スポンサーサイト
[掲載日]2016.04.18 Monday 06:52 [カテゴリ]-